看護師求人を探すポイント

看護師の求人を探すなら民間のナースバンクに登録しましょう。20代後半、30代といった比較的若い世代の看護師さんでしたら求人も豊富ですので自分のスタイルに合った職場を選ぶことも可能です。

 

民間のナースバンクは、看護師協会のナースバンクと比較した場合、サービス面でかなり充実しています。また、24時間対応のナースバンクもありますので、不規則な看護師さんでも利用しやすいと思います。

 

登録は無料ですので、まずは気になる支援サイトに登録してみましょう。どこのナースバンクも非公開案件を複数持っていますので、会員登録して条件などを確認してみるといいですね。

 

 

そして民間のナースバンクの最もおススメな点は、忙しい看護師さんに変わり転職までの手続きや、職場調査まで行ってくれることです。また、ナースバンクによっては転職の支援金まで出してくれるところもあります。このように民間のナースバンクは看護師さんがより良い条件で働けるようにバックアップしてくれます。

 

 

ナース人材バンク

ナース人材バンクは日本最大級の看護師転職サービスとなります。知名度が高い分、看護師さんからみるとNO.1のナースバンクでもあります。正看護師はもちろん、准看護師や夜勤なしなどの求人も多く幅広い年代の方が登録しています。小さいナースバンクと大手のナースバンクなど特色の違うナースバンクに登録しておくと求人の幅が広がりそうですね。勤務体制に細かな条件があるなら登録しておきたいナースバンクの一つです。

 

 

 


看護のお仕事

看護のお仕事も豊富な求人が魅力的なナースバンクの一つです。看護のお仕事の最大の魅力は24時間対応のナースバンクだと言うことです。早ければ登録後、数分で電話がくる場合もあるほど対応が早いです。また、看護のお仕事は人材バンクとしての規模が大きくありませんが、そのため柔軟な対応ができるのでサービス的にはかなり満足のいく転職が期待できます。無理な就職を斡旋しないことでも人気となっています。勤務体制に細かな条件があるなら登録しておきたいナースバンクの一つです。

 

 


ナースではたらこ

ナースではたらこは顧客満足度NO.1のナースバンクですのでぜひ登録しておきたい支援サービスの一つです。看護師求人量も多くあるので、条件にあう職場が見つけやすいのでキャリアアップにつながる転職にも期待できます。ナースではたらこはエリア別担当制度を導入しているので自分の地域に強い担当もいることが心強くもあります。また、非公開求人も多く気になる施設を逆指名することも可能です。使い方によってはかなりお得な転職が期待できます。

 


マイナビ看護婦

マイナビ看護婦は都市部を中心とした求人に強い支援サービスです。学生の就活活動では95%が登録している人気ナースバンクとなっています。関東、関西をはじめとして札幌、名古屋、福岡の都市部に強い一押しのナースバンクです。利用者の満足度も93%と高く、都市部以外の求人も豊富にあります。

 

 


看護協会のナースバンクと民間のナースバンク

看護協会のナースバンクと民間のナースバンクとの違いは、運営している母体の違いが大きく関わっています。

 

看護協会のナースバンクは看護協会が各都道府県のハローワークのもとで税金により運営されています。民間のナースバンクは民間企業の運営のもと、病院・施設などから手数料を取り運営資金としています。

両者とも看護職を持っていれば無料で登録可能です。ただ、サービス内容は看護協会のナースバンクとそれぞれの民間のナースバンクで差が出てきます。

 

 

看護協会のナースバンクは不便なだけに思えてきますが、民間のナースバンクよりも信頼性・安心感は絶対です。
民間のナースバンクはなんと言っても商売ですので、他と違いをつけようとサービス内容が充実しています。看護協会のナースバンクと違い、痒いところに手が届くイメージですね。

 

民間のナースバンクでしか閲覧できない求人情報もありますし、看護協会のナースバンクでは個人でしなければいけない諸条件の交渉も受け持ってくれたりします。限られた民間のナースバンクが独自のルートで集めた求人もありますので、より良い条件が見つかる可能性もあります。

 

ナースバンク

ナースバンクですが公的機関の運営するナースバンクと、厚生労働大臣認可の民間の転職支援サービスがありますが公的機関だという安心感はありますが、断然民間のほうがサービスが充実しています。転職先のリサーチからより待遇のいい就職、転職先探しまでスタッフが行ってくれます。さらに、転職、就職の面倒な手続きまで行ってくれます。民間ならではのサービスを受けることができます。
それなのに登録も無料なのです。無料で利用できる支援サービスをうまく利用して、看護師という資格を活かしていきましょう!


このページの先頭へ戻る