看護師の年収ってどれくらい

看護師の給料は、どの年代で比較をしたとしても同年代の平均給料よりも高い傾向にあります。勤務先により差はあるものの、看護師の平均月収は30万円前後です。ボーナスは50万円から100万円。平均年収は450万円程です。中には年収600万円の看護師もいるので、一般的な女性の年収をはるかに上回っているといえるでしょう。しかし、仕事量的にも、体力的にも精神的にも、厳しい仕事であることは否めません。看護師の基本給は、一般的な仕事をしている方をほんの少し上回るだけです。では何故、月収や年収が大きく上回るのかといいうと、看護師の給料には大きな手当てがついているからなのです。夜勤手当や休日手当、認定看護師手当など様々なものがあります。中でも年収を底上げしている大きな手当が、夜勤手当てでしょう。逆にいうなら、夜勤や休日に出勤せず、平日の昼間だけでの勤務を行う看護師であれば、手当がほとんどつかないため、看護師であっても年収は一般的な仕事をしている人よりほんの少し多くなる程度になるといえるでしょう。看護師だから年収が高いというわけではないのです。

看護師の年収は30歳でどれくらい

30代の看護師の平均的な月収は30万円前後です。平均的な年収は450万円から480万円前後といわれています。世間一般の平均年収から考えると、30代の女性でこの年収であれば、決して悪い数字ではないでしょう。女性よりも男性のほうが年収が高い傾向にあることを加味するのであれば、女性が多く働く看護師という職業は平均年収はかなり高いといえるでしょう。けれども、20代の看護師に比べ、年収の上昇率が乏しいという点があります。例えば20代の看護師の場合、20代の10年間で年収が平均50万円以上アップする場合もあります。しかし、30代の10年間のうちは、年収がアップしたとしても20万円前後程です。もちろん、世間一般の平均年収に比べれば、30代であっても10年間のうちに年収が20万円上がるのであれば、決して悪い条件ではありません。年収が景気に左右されないというのも、看護師ならではのメリットです。とはいっても、夜間勤務の有無や勤務先の給与形態により、年収に差があるのも実情です。このことから、年収アップを望む30代の看護師の転職が多い傾向にあるのも事実です。

看護師で年収1,000万円は可能か?

他の職種と比較してずば抜けて高収入であることで有名な看護師という職業。中には、年収で1000万円以上稼いでいる看護師がいるといわれています。女性であっても看護師ならば年収1000万円以上も稼ぐことが出来るのかというと、そういう看護師が存在することは事実です。しかし、看護師だからといって誰でも年収1000万円以上稼ぐことが出来るというものではありません。まず、看護師の全国的な平均年収は500万円から600万円です。月の収入は平均30万円前後というところです。1000万円と比較すると少なく感じるものの、一般職に比べて毎月の平均収入が多いのは明らかでしょう。けれども、年収1000万円以上稼ぐとなれば、一般的な看護師の約2倍収入があるということになります。ここで注意しておきたいのが、毎月の収入が100万円近くあるというわけではないということです。そもそも看護師が高給与なのは、手当や賞与が多く加算されるためです。一般的な看護師であっても、基本給自体はそこまで高くないものの、手当などがプラスされることで毎月の収入が大きくアップしています。つまり、1000万円以上稼いでいる看護師は、それだけの手当や賞与が発生しているということです。夜勤などだけでなく、看護師としての経験や知識、それに伴う役職などが大きく関係しているのです。つまり、看護師として頑張って仕事をこなしていき、技術を磨いていけばいくほど、年収1000万円も可能であるのです。


このページの先頭へ戻る