看護師になるには

看護師になるには、看護国家試験に合格する必要があります。そして看護国家試験を受験するためには、看護学校に最低でも3年通わなければなりません。専門学校なら3年、大学ならば4年通うことになります。看護学校に通うとなると、決して安くはない学費がかかるということを考えておきましょう。私立看護大学ならば500万円以上、国立看護専門学校ならば200万円前後、私立看護大学なら300万円前後、私立看護専門学校なあば200万円から300万円、国立看護専門学校ならば無料もしくは150万円前後かかります。看護学校に通い、看護国家試験を受けることだけが、看護師になる方法ではありません。准看護師から看護師になるという方法もあります。では、准看護師になるにはというと、まずは昼間の学校であれば2年間、定時制の学校であれば3年間通う必要があります。そして、国家試験の受験資格を得ることが出来ます。准看護師の資格を有していれば、看護国家試験を受けることが出来るのです。なお、看護師には年齢制限がありません。目指したいと思うのであれば、いつでも看護師になることは出来ます。

男性が看護師になるには?

昔は看護士と言えば女性の職業であるといったイメージが強かったことかと思いますが、今の現代ではそんなことはありません。看護士として活躍されている男性の方もとても多くいらっしゃいます。男性看護士として働く方がとても増えている昨今、看護士になりたいと考えている人って実はかなり多いんですね。では男性が看護士になるためにはどうすればいいんでしょうか。男性も女性も特に看護士になるのには変わりがありません。看護士の資格を取得する必要があるのですがそのためには看護士の養成学校に通う必要があります。そこで必要な過程を修了して、看護士の国家試験を受けるための資格を取得することができるのです。そして看護士の国家試験を受けて合格できれば晴れて看護士の資格取得となるのです。なのでまず通う学校を選ぶ必要がありますね。看護大学か看護専門学校の選択肢があります。学校選びは重要ですから良く検討して比較したうえで選ぶようにするとよいでしょう。男性の看護士は体力や力もありますから現場ではとても重宝されることになるかと思います。

主婦から看護師になるには?

主婦をしているけれどこのまま専業主婦でいないで働きたい、資格を取りたいと思った時、看護士の資格を思いつく方も多いでしょう。主婦をしていると将来性がとても気になるものですよね。家計を管理するうえで自分でしっかりと稼ぐことができるようになるには資格をとることも重要なことだと思います。看護士の資格を取得するにあたって特に年齢制限はありますので何歳でも勉強をして試験に合格すれば看護士になることができるんです。そこで主婦だけど看護士になるにはどうすればいいのでしょうか。まず看護士は国家資格です。なので国家試験に合格する必要があるのです。そしてまた看護士の国家試験に合格するためには必要な教育課程を修了する必要があるのです。そのために看護士の養成学校に通う必要があります。そこで看護士養成学校に通うために必要な資金を工面しなくてはいけません。それから家族の協力や理解も必要です。主婦でありながら学校に通うとなると相応の覚悟も必要なことでしょう。それから看護士になる為の道は厳しいです。強い精神が必要となります。

看護師の資格の種類

看護師の資格の種類はいくつかあります。看護師として働きながらキャリアアップを目指すのであれば、新たな資格を取得することを目標にしてみるといいでしょう。まず、看護師としての資格を持っていれば取得することの出来る資格は、認定看護師と専門看護師、ケアマネージャー、保健師、助産師です。特定の看護分野において、熟練した看護知識や技術を持っており、日本看護協会から認定を受けた看護師が認定看護師です。5年以上の実務経験、そのうち3年以上の認定看護師分野の経験を有していることが受験資格です。認定看護師と同じく、看護師のスペシャリストと称されているのが専門看護師です。専門看護分野において、卓越した看護実践能力を有することが認められた看護師が専門看護師です。大学院を卒業していることが専門看護師の条件です。介護が必要とされる人に対して介護サービス計画を作成するのがケアマネージャーで、資格取得試験の合格率は20%と低く、やや難易度が高い傾向にあります。1年間の学校課程を卒業していれば受験資格を得られるのが保健師資格です。このように、看護師としてキャリアアップしていくのであれば、そのための資格はいくつかあります。是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。


このページの先頭へ戻る