看護師バイトの仕事内容

アルバイトであっても、看護師として働くのであれば仕事内容は同じです。看護師という資格を持っていなければ出来ないアルバイトですから、看護学校え習った内容を現場で行うことになります。もちろん、アルバイトであっても一人の看護師として病院に従事するため、患者さんや医師とのコミュニケーションはとても大切になってきます。病院という特殊な勤務先で働くことになるため、アルバイトだからといって軽はずみな気持ちを持ってはいけません。では、正社員として働くことと、アルバイトとして働くのでは何が違うのかというと、看護師であっても時間の融通が効くという点があげられます。週一や月一というペースで働く事もできます。子育てで忙しい方や、扶養手当の範囲内で働きたいと思う主婦の方でも、アルバイトという形態でならば看護師として働くことが出来るでしょう。また、看護学生やもう一度看護師として働きたいと思う方にとっても、看護師バイトはとても都合が良いものでしょう。病院、現場の雰囲気を体感すると言う意味では、看護師バイトが最適です。

看護師の仕事内容

医師の診察や指示に基づき、患者の診療をサポートしたり、患者が入院生活を快適に過ごせるように日常生活の援助や看護を行うのが、看護師の主な仕事内容です。医師よりも患者に近い存在として、医療補助や患者のケアを行う専門職といえるでしょう。具体的にいうなら、問診や各種検査、点滴、注射、食事や排泄の補助、患者移送、検温や入浴の補助、体位交換、記録、徘徊、ベッドメイキングなどを行います。患者の症状を正確に把握して、医師に報告するというのも看護師の大切な仕事です。ときには、患者相手だけでなく、患者の家族への対応を行うこともあります。患者と接する時間が最も長く、患者の異常に対して迅速に気づき、対処するのは看護師です。患者の命を預かる責任感の重い仕事であると考えていいでしょう。そんな看護師になるには、まず国家試験に合格して看護師資格を取得することが必須条件です。国家試験の科目は、人体の構造と機能、基礎看護学、在宅看護論などです。資格を取得したからといって看護師になれるわけではありません。患者とのコミュニケーション能力、状況に応じた臨機応変な対応力などを身につけなければ、看護師になることは出来ません。

看護師派遣の現状

短期間だけ働きたい、時間の融通がきく働き方をしたい、そんな方にとってぴったりな働き方として認知されている派遣。看護師にも派遣があります。看護師として働きたいけれども小さな子どもがいる、新たな資格を取得するための勉強をしながら働きたいなど、悩みを抱えた看護師であっても働くことが出来ることで人気を集めています。自分のライフスタイルにあった働き方が出来るという大きなメリットがあるのが派遣ですが、ともなうリスクが大きく、トラブルに巻き込まれてしまう事態も少なくないのが看護師派遣の現状です。看護師をはじめ、医師や歯科医師、薬剤師や保健師、助産師、栄養士など、医療関連業務に従事する人の派遣というのは、労働者派遣法において原則として禁止されています。しかし、紹介予定派遣、病院や診療所以外の施設で行われる業務、産前産後休業や育児休業、介護休業中の労働者の代替業務に限り、看護師派遣が許可されています。看護師派遣の求人サイトが多くありますが、中にはこれらの法律を無視して派遣業務を行っているところがあるのです。そして、その派遣会社を利用してしまったが故に、看護師としての職を奪われてしまうケースも少なくないのが現状なのです。看護師派遣を利用するのであれば注意しましょう。


このページの先頭へ戻る